FC2ブログ
10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

スポンサーサイト

--.--.-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告

台風に地震

2018.09.06 (Thu)

前回の台風20号の時は、
猛暑猛暑だったのであんなに昼間に来てほしかったのに
夜に来て、朝には去っていて絶望したものですが、

21号は、9月4日に、苦労してようやくとれたとても大事な仕事が
あったので、できれば夜に来てほしい。
それが無理なら、前でも後ろでもいいから6時間でいいから、ずれてほしい…。
そんなささやかな願いも届かず、最悪の時間帯にやってくる予報は変わらず、
早々に、前日のうちに休みを決められてしまって、
またも絶望のどん底に…。

昼に来るならどっちも昼、夜に来るならどっちも夜、なら、
まだ許せたが、何この嫌がらせ…。

だいたい、地元では、予報の段階で、台風の左側に入ることは
ほぼわかっていたので、被害が出ないのも分かったはず。
なのに、最近の世論では、
ちょっとでも危ない可能性がある場合は早々に休みを決定することが美徳
という圧力があって、その圧力に負けて休みにしてしまった感を
感じるところがまた嫌。
ブラック企業だと思われたくないがためだけの休業というか。
今回は特に大事な仕事だったけど、そうじゃなくても、
私、台風の時休むの嫌いなんですよ…。
猛暑の出勤の方がよっぽど命に危険を感じるし、行きたくないわ…。
台風の左側は問題ない、ってことは、常識でしょうよ???


的な内容を、この5倍ぐらいの長文でねちねち書いてたんですが、

他府県で甚大な被害が出てしまったので、
仕事が飛んだと愚痴ること自体が不謹慎 的な雰囲気な気がして、
アップできませんでした。


ちょっと時間おいて、やっぱり愚痴ろう、と思った矢先に、
今度は北海道で地震…。

もう無理だ、本格的に愚痴るのは不可能になってしまった。




いや、でもこの台風も地震も本気で心を痛めているのは事実なんですよ。
気象オタクとしても、想定を超えていて驚いていますし。

台風で、近畿がこんなに被害が出ることがあるなんてことは
正直考えてもいなかったです。
堤防や治水の整備ができていなかった戦後とかならともかく、
今の時代、ありえないと思ってました。

台風による「大雨」の被害なら、04年23号の北近畿の水害などあったし、
想像できなくもなかったんですが、
台風ならではの現象、つまり、強風や高潮などで、
近畿地方がこんなに甚大な被害を受けたのを見たのは初めてなので、
正直、台風なめてたなーと…。

電柱バタバタ倒れたり、駐車場に停めてるだけの車がひっくり返ったり、
関空が壊滅的な被害を受けたりとか、全く想像できなかった。
台風の中、用水路を見に行ったり、屋根に上って修理してたり、
海でサーフィンをしていたり、橋の上をトラック走らせたりなどなど、
そんなことさえしなければ、無傷で過ぎ去っていくものだと思っていたので。。。



北海道の地震の、土砂崩れの映像にもびっくりしましたね。
あんなに大規模に土砂崩れって起きるもの??
直下型地震のエネルギーの大きさを改めて思い知りました。

それもですが、さらにびっくりだったのが、何あの大規模すぎる停電。
1か所発電所がやられたら、最果ての地でまで停電するの??
あと、JR北海道全線運休ってのも…。
(北海道は電化されてない、ディーゼルの列車の地域がほとんどなはず。)

苫小牧と稚内や網走って、何百キロ離れてるのよ???
北海道丸ごと電力と鉄道が壊滅状態なんて考えたこともなかった。
立て続けに、想定外のことが起こりすぎて。

しかも、それが、関空といい、北海道といい、
私にとっては無縁ではない…どころか、
いつもお世話になっている大切な場所で起こっていることですから。


ということで、本格的な愚痴はもう出せません。
そんなことよりも、
関空も、北海道も、早く元通りになってほしい。


で、もう、台風は来ないでほしいです、本当。
昔は好きだったんだけどねー台風…。

スポンサーサイト
23:41  |  気象・お天気  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

やっと終わった!!

2018.09.01 (Sat)

長い長い間、待っていたこの日。
また戻ってくるのは分かっているけど、
でも、とうとうこの日がやってきた。

夏が終わった!!!!!!!

(二度と来なくていいわ!!!)


なんていうか、ちょうど、9月1日に…っていうのが
すごくいいですよね~。

ついに、とうとう、気が遠くなるほど続いた
晴れの日々が終わりました。
日照ゼロは7月7日が最後だったので、
もう思い出せもしないぐらい前の話です。

今日一日、あの鬱陶しい日差しがなくて、
心の底からせいせいしました。
夏の晴れは、ゴキブリ並みのしつこさだからな。

7月13日から延々続いていた真夏日も、
やっと終わりました。

そして、西日本豪雨が終わった後、初めて、
自分の部屋の冷房を切ることができました。
部屋に不在の時は切ってますけど、
部屋に戻る時間を推測して、入タイマーかけて部屋を出て、
戻ってきたらちゃんと冷えてるようにしているので、
自分の部屋が冷房かかってない状態でいたことがないんです。



7月8日からこっち、寝ても覚めても、
常に冷房の中じゃないと生きてこれなかったのですが、
かといってそれだけ長い間ひたすら冷房の中にいたら
それはそれで調子が悪くて、もうフラフラでした。

これはもう季節性鬱の状態では??
異常な倦怠感、一日中眠いのに、でも熟睡できない、
ずーっと頭が重い、食欲もここへきて全くなくなり、
それよりなにより、何に対しても気力が沸かない。
外が煌々とした日差しで眩しいのを見ると、
絶望的な気持ちになって、気分が塞ぐんです。


8月は結局、31日全部真夏日。
盆明けのちょっと涼しかった時も、最低気温は20℃を割ろうとも、
最高気温はぎりぎり30℃を超えてしまった時は絶望しましたね。
先日の台風の時も、よりによって夜中に通過したので
昼間は毎日晴れててむしろ猛暑日だし。

7月13日からずっと真夏日が続いていたので、50日連続…。
今日を逃したら、またしばらく続いてしまいそうなので、
ここは絶対に取らねば。

もし今日も真夏日になってしまったら、
私は精神が崩壊せずに生き続けることができるだろうか?

しかし、ここまで、何度も雨予報が出てはなかったことになり、
予想気温も直前になって突然あげられるの繰り返し。
今回も、数日前までは28℃ぐらいの予報だったのに、
前日、30℃予報に上げられてしまい、
もう終わった…と思ったら、実際は最高気温26.8℃で
終わりました…ああ偉大だわ曇りって。
夏の日照は害悪そのもの。
本気で夏の晴れはいらん。
これから毎年6月から8月まで梅雨でいいわ。

とにかくおかげで体も心も軽くなりました。
某天気予報サイトでは、
「気温はあまり上がらず、昨日との体感差が大きくなります。
体調を崩さないようご注意ください。」
と、意味不明のことを書いていたのですが…。

ずっとあの暑さが継続する方が体調崩すだろ???


ちなみに、連続真夏日ですが、
悪夢の1994年が数えてみたら49日間だったので、
それを超えてしまったら、
猛暑日日数も連続真夏日も過去最多か…。
と思っていたら、
連続真夏日は2010年の方が酷くて、62日連続だったので、
過去最多には遠く及ばずでやれやれでした。

まあ、あれを超えたら本気でいろいろ終わりですけどね。
今、過去データ見てたら、2010年の凄惨さが改めてわかりましたね。


ともあれ、多少のぶり返しはあったとしても、腐ってももう9月。
凶暴な季節もようやく終わった。
次の夏まで心穏やかに過ごしたいです。

23:34  |  猛暑日記  |  Trackback(0)  |  Comment(2)

台風20号

2018.08.24 (Fri)

moblog_5fc375b2.jpg


8月23日、23時50分頃、台風の中心が地元を通りました。
その5時間ほど前、18時40分頃には、こんなに平和で、虹が出ていました。
なんだか大きい虹で画面に入りきらなかった。
ええ、昼間は猛烈な日差しで、猛暑日でしたよ。。。

ってわけで、こういう時だけは本当によく当たる台風情報、
本当に、夕方まで晴れていて、夜中に通過、
そして朝にはまたすっかり晴れていることでしょう。

しかし、気象マニアとしては、不謹慎なのは承知で言いますが、
やはり血が騒ぐというか。
23時30分ごろ、外が急に静かになったので、外を見ると風がない。
ちょっと庭に出てみたら、ほぼ無風で雨も降ってない。
もしかして、これは、台風の目に入ったかな?
と思っていたら、案の定、その数分後、テレビでその旨を言ってました。

ただ、実際に猛烈な風雨は、中心部ではなくて、進行方向の右側
なんですよね。
30分もすると暴風は戻ってきたけど、雨はさほどでもないんです。
でも、兵庫県でも南東部ではものすごい雨雲のエコーがかかっている。
赤通り越して、紫が延々続いている…怖すぎる。
神戸空港ではキロタン、1時間で143ミリ!?
雨の多い有名な地でもびっくりなのに、神戸で!?
時間143ミリなんて降ったらうちの前の道、完全死亡です。
進行方向の右側が危ないとはよく言うけど、
本当にそうなんだと、改めて認識しました。
 注
 その後、神戸空港の降水量は、
 「高波による海水が観測値に含まれ、過大な値になった可能性がある」
 とのことで、欠測になってしまいました…ので、この記録は幻です。



これ、昼間だったら、台風の目に入ったら、急に明るくなったりするんですかね?
夜だと暗くてよく分からなかったので。
ちなみに雨は止んでいたけど、さすがに星が見えるほどの晴れではなかったです。
薄い雲はかかっていました。
ま、すでに四国に上陸後だし、大分衰退してきてるからかな?

ていうか、書いてるの1時頃なんだけど、
あと1時間ほどで完全終了っぽいような???
予報よりかなり早くない???
これなら夜明けからまた快晴地獄???
昼は猛暑→夜は嵐→また昼は猛暑 
・・・なんて日だ。

とりあえず明日も休みなので、
台風が過ぎ去るまで見守ろうと思います。
ただ、肝心のNHKが、画像途切れまくりであまり役に立たんのだが。
(神戸、本気で大丈夫???)

01:09  |  気象・お天気  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

一線を越えた

2018.08.23 (Thu)

半年くらい放置していました・・・
特に何もなかったんですが、なんとなくバタバタしていたのと、
旅の成果が全くなかったので、ブログ更新の方向に
気が向かなかったので・・・。
コメントくださっていた方、申し訳ありません。


ここまで完全に放置しているのなら、
いっそ閉じてしまった方がいいのかもしれない、
ぐらいの放置になってしまいました。

しかし、今日ばかりは語らねばならない・・・。

とうとうこの日が来てしまったのだ。



あの悪夢の猛暑年、
1994年の猛暑日日数をついに超えてしまった・・・。

当地で地獄の猛暑というと、1994以外には、2010、2013なんですが、
今年は、少なくとも2010と2013は、既に軽く超えています。

数字的には1994を超えてしまっている項目多数ですが、
まあたぶん実際は、まだ、1994の方が酷かったと思う。
当時と観測方法が変わっているから今の方が最高気温が高く出がちなので
それを差し引けば。
でもそんな僅差の話はもはやどうでもいい。


とにかく昨日の猛暑日で、とうとう観測史上1位に。
そして、まさか今日はないと思ってたのに、
一向に台風の雲がかかってこないので9時台には猛暑日に・・・。
とうとう、19日・・・
そりゃ、大物都市と比べたらレベルが違うけど、
逆に、この程度の田舎で沿岸部でこの日数はだめだと思うんです。

し、か、も、台風直撃コースなのに、夕方ぐらいから雨降って
翌朝には止んでいる予報・・・ふざけてます???
昼間降らなきゃ意味ないだろ!!!!!

7月末に来たしょぼい台風もそうだったけど、
コースは申し分ないのに、嫌がらせのような時間帯に来るのはなぜだ?


まだ今月、8月26日と27日も怪しい。
どうしよう、とうとう20日間超えちゃうの???
怖さと憤りで夜も眠れない。

連続真夏日も地味に続いていて、今のところ42日連続なんですが、
こっちも1994年が49日連続だったのが最多だったので、
だんだん危なくなってきました。
あと1週間・・・どうにか途切れて・・・。

台風さえ、昼間に来てくれていたら途切れたのに。
途中に何度か、30.1℃、30.2℃ などと、ギリギリ真夏日になってしまったのを
はさんでいるのも不運としか言いようがない。
これ絶対いやがらせだろう???


何といっても瀬戸内沿岸の暑さのいやらしいところはその持続性。
暑い期間も長ければ、1日のうちの暑い時間帯も長い。


というか、もういい加減、晴れいらないんだよ!!!!
毎日毎日、しつこく晴れ続けて、うっとうしい、
もううんざりなんだよ!!!!

7月上旬の西日本豪雨、あの雨が終わった7月9日から、
丸一日、太陽を見ずに済んだ日が1日もないって、おかしいだろこれ!!!



お盆前~お盆の、暑さが酷かった頃が、仕事も一番忙しくて、
屋内仕事で冷房あるはずなのに、一日中じっとり汗をかいている状態で
辛かった…汗かくと体調悪くなるんです。
慢性的に頭痛、慢性的に下痢、全身の倦怠感、不眠などでよぼよぼでした。

盆明け頃にいったんやや涼しくなり、その後は暇になって今週は休みが多くて、
家にこもって一日冷房に当たってじっとしていたら、それらは何とか治りました。
が、
どういうわけか、この夏は蕁麻疹が・・・。
いつからとかは思い出せないんですが、気づけば毎日どこかに発疹ができて、
かゆくてかゆくて…それは今も続いてます。


1994年は、40度近い高熱を出して寝込み、それ以来、暑さが受け付けない体質になり、
2010年は、耳がおかしくなってそれ以来今もずっと耳鳴りがしているんですが、
今年は、蕁麻疹・・・。
名だたる猛暑の度に、体にガタがきている・・・。


冷房入れっぱなしなので、電気代も大変なことになるし、
駐車場もいつもの600円のとこにとめたら遠くて熱中症になるので
気温と曜日に応じて900円や1500円の駐車場に停める羽目になり、
何も残らないものにばかりお金がかかる・・・。
空しすぎる・・・。
ゼロの状態からプラスにするためのお金ならともかく、
マイナスの状態を少しでもマイナスを減らすために使うわけですからね。


本気で転居考えなければならない時期に来ているのではないか。
ここのところ急速に猛暑化と乾燥化が進みすぎている。
このままだと本気で住めません。

60歳になったら札幌に転居する方法を本気で考えよう。
でも高齢の親がいたらなかなか難しいですよね・・・。
だれかいい方法ご教授ください。

住民になるのは無理でも、とりあえずマンションだけでも買うとか
ぐらいなら、何とか現実にできますかね・・・。






せっかく更新したので、またちょこちょこ更新しようかと。
当分は、この夏のあれこれをアップしようかなと思います。
12:34  |  雑談・日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

桜の季節

2018.03.26 (Mon)

今年は桜が早いので、気持ちが全く盛り上がりません。

春休み中に見頃がくる年や、見頃の時期の気温が高い年は、
全くと言っていいほど見に行く気力が沸かないのですが、
まさにそれ・・・。
人がわらわらいる場所に出ていくのがめんどくさい。
外に出ると、空気がむわっとしていて気持ち悪い。
引きこもりたいという意識だけが膨らんでいく感じ。

まあ、今月、忙しいのもあるけど・・・。
というより、人ごみの中、花見に行くより、
仕事に行ってる時の方が楽しいぐらい。



いつもならもう少し見に行ってる、開花前の定点観測も、
カメラ持たずに行って、スマホ撮影のみ、しかも2日のみです。
そのスマホも、4年半前の機種なので、写真がしょぼいです。


まずは、東京で桜が開花した、と聞いて、
こっちはどうなんだ!? と、慌てて見に行った3月17日。
この段階では、まだまだでした。







殻割りは完了しているけど、まだまだつぼみは固く、緑色。
この状態ならまだ1週間はかかります。


その後、外出してもどこも桜が咲いている様子もなく、
若干の寒の戻りもあり、油断していたのですが、
大阪も京都も神戸も続々開花が発表され、
東京では、24日に満開になったというではないですか。
ふたたび慌てて、3月25日、様子見に行ってみました。







よ、よかった。まだ咲いていない。
(私の中では、桜は遅ければ遅いほど嬉しい。)

つぼみはすでにピンクになっていて、この状態からなら、
開花までわずか、という感じではありますが、
ただ、開花秒読みという感じでもないというか。
開花直前には、まだ咲いていないものの、なんとなく、
引いて撮った写真の方も、もっとピンクっぽく、
ボリュームのある感じになると思うんですよね。
通常なら、この状態から、まだ2~3日かかるかなという感じ。

ただ、これ見たの、午前中だったし、昨日も1日中晴れ、
そして、今日も朝から、ずっと晴れてて高温なので、
もう今日には咲いてるかもしれません。
まあ、だとしても、3月26日開花だったら、許容範囲かな~・・・。

でも、このあと数日、さらに高温状態が続くようだし、
今月中に見頃になってしまいそう。あー嫌だ。


4月3日まではけっこう仕事が詰まってるし、
休みの日は、タイヤの交換とか、できればスマホ機種変にも
行きたいので、せめて4月4日以降まで持ってほしいのだけど、
果たしてどうでしょう。

でも、文頭に書いた通り、今年は、やる気の出ない条件が
揃っているので、もういいかなーって思っている自分もいる。
4月4日以降、できれば4月9日以降に見頃になる場所から
始めようかと思います・・・。

できたら今年も北日本のどこかに行きたいなとは思います。
自分のいる場所よりも気温が低いところに行けば、
やる気も沸いてくるはずなので。

地元周辺は、今年も成果ゼロになりそうな予感です。
去年、悪天候と、見頃と休みが全く合わない状態で
本気で成果ゼロだったので、今年こそはと思っていたのですが…。
とにかく、残念な、2018年です。



14:54  |  雑談・日常  |  Trackback(0)  |  Comment(7)

最後に、ひやひや

2018.02.24 (Sat)



帰りは、
女満別→千歳→神戸 だったんですが、
新千歳、雪のため、遅延…。

最初は45分遅れだったのが、1時間遅れになった時は、
終わった…と、思いました。


女満別から到着した時は、
少し雪舞ってるな~ぐらいだったのですが、
いつものように、一人ジンギスカンを楽しんだあと、
ルタオでお茶している間に状況が激変した様子。


それでも、飛んだからよかったですけど…。
欠航になった便もあって、ドキドキしました。
明日は、朝から仕事なので。

まあ、あとから思うと、
この程度のことはよくあることですけど。


あと、アナウンスがぎりぎりすぎて、
保安検査場を入ってしまってから、
どんどん出発遅らすのやめてほしい…。
椅子足りないので、立ったままで、
カバンにはカメラ入ってるから重たくて、
肩こりました。

遅れるなら、もっと早く言ってくれたら、
保安検査前なら、快適に待てるのに。

保安検査を済ませさせておいた方が、
航空会社的には楽なんでしょうけど…。



と、文句言いつつも、それもまた、旅の思い出。


そんな、2018流氷の旅 でした。

なんだかんだありましたが、
今年も楽しかったです!




だけど、
流氷の旅の終わりと共に、冬も終わる…。
けっこうやり残したこともあるのに。

そして、秋まで、何を心の支えにすればいいのか…。
とりあえず、仕事、頑張ろ…。




00:53  |  雑談・日常  |  Trackback(0)  |  Comment(4)

もう1枚、北浜

2018.02.24 (Sat)



とてもきれいな淡いブルーの氷。
やはり、晴れてないと。


北浜も、昨日行った浜小清水も、海岸で流氷を見られるというのは
一緒なんですが、北浜の方が、立体感がある気がするんですよね。
接岸率は低いんですけど。


することないと思ってた最終日、
けっこう楽しかったです。


00:51  |  雑談・日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

また北浜へ。

2018.02.24 (Sat)



摩周湖から女満別空港へは、
美幌峠から行った方が早いのですが、
最後に、もう一度、
曇っててもいいから流氷見ておこうと、
あえて遠回りして、オホーツク海側に出てみたら。

なんと、晴れてるんですけど…。

曇り予報とは、一体…。

こんな晴れるなら、摩周湖、もう1時間早く切り上げるんだったわ…。



強風で、風向きも悪いので、
どうかなと思いましたが、
今日も、北浜は、絶好調でした。

滞在中、ずっと、隙間なく北浜で接岸してたのは、
私の中では、10年ぶりです。
00:51  |  雑談・日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

摩周湖2

2018.02.24 (Sat)



少し待ってたら、
更なる強風で、どんどん氷紋が。
強風で霧氷も飛ばされてしまいましたけど。

これで晴れてたら、素晴らしかっただろうなあ。

こんな摩周湖を見たのは、今年が初めて。
全面結氷が5年ぶりらしいので、
なかなか見られないはずです。
00:49  |  雑談・日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)

摩周湖

2018.02.24 (Sat)



2日前、私の中で、今期の終了宣言をした摩周湖、
なんと、うっすら、氷紋が戻ってました。
強風で雪が吹き飛ばされたらしい。
一旦真っ白になっても、諦めるのは早いようです。



2月23日、最終日です。

曇り予報だったので、消化試合的な日。
帰る しか、予定がありません。

9時頃まで寝ているか迷ったのですが、
4時30分頃一旦目が覚めたので、
とりあえず、荷造りと、天候確認他、情報収集などをして、
5時を過ぎ、微かに空が白み始めた頃、
ライブカメラを見ると、
摩周湖、霧がかかっている様子。

気温は前日より15℃ぐらい高かったのですが、
霧氷は、温度より他の要素の方が重要。
この感じだといける予感がしたので、
行ってみることにしました。

曇りなら、他にすることもないし。


行ってみると、うっすら、だけど霧氷、
うっすら氷紋もあって、
曇ってたけど、美しかったです!
過去に何十回見た摩周湖で、
2番目によかったです。



やっぱり、現場に行かないと、何も始まらない。
惰眠に走らなくてよかった。
00:48  |  雑談・日常  |  Trackback(0)  |  Comment(0)
 | HOME |  NEXT



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。